Home日記

ライブ&昔話

12 2月 2013 8 Comments

宵月2

こんばんは!三嶋くろねです。 久々の更新!冬コミぶりですよ!またやっちゃいましたねちくせう

…お仕事告知しようと思ったのですが、どうしても 私情を書きたくなったので、迷いましたが少しだけ書かせてください。 ほんとうに完全に私情なので見ても得しませんが!(;´∀`)

今日は、尊敬してやまない中恵光城さんという方のライブに行ってきました。 都内の箱(スタジオ)を借りた、初ワンマンライブ。 とても楽しくて、忘れられない一日になりました。

ここでちょっとだけ昔話をしなければなのですが… そもそもこの方を好きになったのは、私が学生時代のときでした。 ほんとに、本当に偶然に耳にしたはじめての同人CD。 その頃の私は、同人の意味もなにもわからなくて、「同人」と「メジャー」の 違いもわからないアホでした。 歌声に惚れて、もっとこの方の歌を聞いてみたいなーと思い、いろいろ調べていて、 確かこの時に同じくして「コミケ」の存在も知りました。

小さな頃から絵を描くのが好きで、いつか自分が描いた本をだれかに読んでもらいたいなあ とは思っていましたが、家族には、 「そう簡単に絵の仕事にはつけるものじゃないよ」「なれるのはほんのひと握りなんだよ」 「君の絵じゃ無理だ」 と散々言われ続けて、絵の道に進むことはほとんど諦めていました。 決して安定した職業ではないので、家族が心配してくれる気持ちも、今なら十分わかります。 でも当時私は絵を描くしか能がないアホだったし、どんなに言われようが絵を描くのが好きだったので、 反抗したいのと悔しいのとで、こともあろうに受験年にコミケに挑戦したのでした。 褒められたものではないです、ぜんぜん。単なる大馬鹿野郎です。 …けれど進路を決めなくちゃいけなかったので、最後に夢くらい見たかったんです。 それに、みつきさんの歌ってるCDがコミケで買えるというなら、買いに行きたかった。

というわけで「白髪教団」というサークルができる前、実は友人と一緒に別名サークルで参加していました。 さいごの悪あがきということで、作りたかった本も、初っ端なのにオフセットを作っての参加。 バイトはしていたのですが、なにせ学生なのでそんなに儲けもなく、あれだけ反感を持っていた親に 土下座して、なんとか本を作るお金を得たのでした。

サークル位置は、確か島のはじっこでした。 (初参加のお隣さんはクレバスランプで、リーダーの19Gさんとお会いしたのもこの時でした。CDを頂いて、「こんな感じのをうちで作ってるんです」という感じでお話を聞いたり。この時は一緒にCD作るようになるとは思ってなかったんですが、またこの話はいずれ) さてとりあえず、始まる前にいろいろ見て回ろうか、と会場内を回ることに。 せっかくだからみつきさんが歌ってるCDを売っているサークルさんに挨拶をしておこうと思い、 コミケに行く前に用意していたビラを持って、そのサークルさんに行って、ビラを置いてきたのでした。

そして自分たちのサークルに戻ってきて、本を売る準備。 もちろん無名も無名なわけで。「なんでここに来たんだろう」と搬入された箱を見て思ったのはいい思い出。 右も左もわからないまま、テーブルの上に本を並べて、会場まで特になにもすることがなかったので 友人と話したりお隣さんと話したり。 ……そしてふと、女性の方がひとりうちのスペースに。 コミケ会場に、参加してる友人以外に知り合いがいるわけでもないので、一体誰だろうと思いきや。

みつきさんじゃありませんか。

名前を聞いて一瞬意識が飛びました。 (歌声は知っていましたが顔は知らなかったので) まさかお会いできると思ってなかったので、予想外すぎました。 どうやらさっき置いてきたビラを見て、CDを持って来てくださったのでした。 CDで歌ってる人はみんな手の届かない神クラスの人なのだと思い込んでいたので、こんな弱小無名サークルに 挨拶に来てくれるなんて…!と雷に打たれたようでした(本当に)

そして、恐れ多くも作った本を1冊、笑顔で受け取ってくださいました。 小さな頃から夢だった、自分で描いた本。 でもやっぱり夢は夢だから、これで最初で最後にしようと思って作った同人誌。 それを最初に受け取ってくださったのが、大好きなみつきさんでした。

嬉しくて嬉しくて、そのあともずっとずっと笑顔を隠しきれずに開場を迎えたのを覚えています。 絵描きになる夢を諦めきれなくて、夢を否定する家族の声に耳を塞ぎたくて。 大好きな音楽に集中して絵を描いていれば、少しは気が楽になるから。 あのときどれだけ救われたのか、言葉では表現できないのですが…。

そこではじめて、強く「この人といつか、何か一緒に物づくりができるようになりたい」と思ったのでした。 周りを見れば、悔しいくらいに自分よりもずっとうまい絵を描く人たちばかりでしたが。 諦めかけていた思いに、また火がつきました。 やっているジャンルは違えど、ジャケットとしてなら、可能性はゼロではないかな、なんてこれまたアホなことを思ったり。 とにかく、自分がやれるだけのことはなんでもいいからやってみよう、と。

まずは絵がうまくならないとどうにもならないので、コミケ後から、色んなことを意識して絵を描くようになりました。 絵の学校に行けていたわけではないので、ずっと独学なのは変わりませんでしたが。 その時も常に、励ましてくれたのはみつきさんの曲でした。

結局進路は親が望んだものへ進んだのですが、何かの縁があって、SNSに投稿していた絵に目をとめてくださった担当さんをはじめとして、ちょこちょこお仕事が来るようになり、思い切って1年半前にフリーになりました。 私の決断を聞いたとき、親は「君が本気でそういうなら、好きなことで頑張れ」と、おそらく相当考え込んだでしょうけれど、頷いてくれました。 何度も何度も涙を流して、親と衝突してしまったのを、今は申し訳なく思います。 こんな子供でごめんなさい、でも、ありがとね。

クレバスランプさんとも、時を同じくして、同人CDのジャケットを描かせていただけるようになり、白髪教団というネームセンスが問われるサークル名が誕生し、その流れでCD作ってみますか!とキャラソンを作ることになり。

ついには、本当に念願だったみつきさんにも、うちのキャラクター(シエル)の歌と声を担当していただけることになりまして。 一緒に何かをつくりたい、という夢がかないました。 快く引き受けてくださったときには、本気でガッツポーズしながら泣きました。よく泣きますね三嶋さん。 そしてそのキャラソンのひとつ、「monochrome」は、私がほとんどを作詞した曲なのですが…。

ようやっと、昔話が終わりました。長くてごめんなさい。

そして今日のライブに話が戻ってくるのですが、なんとみつきさん、「monochrome」を歌ってくださったのです。 しかも初めてのワンマンライブで。 夢のようでした。 ずっと私を励まし続けてくれた歌声が、自分の書いた詞を歌ってくれる日がくるなんて思いませんでした。

ほかにもたくさんの曲を生で聴くことができました。 今日は、今までいちばん幸せな日でした。 絵を描くことを諦めなくて良かったと、心から思いました。

初ワンマンライブ、おめでとうございます! 本当に、ありがとうございました。

辛いことも嫌なこともたくさんあるけど、でもそのぶん、少しでも心の癒しになることができるようなものを、 私も作れるようになりたい。 辛いこと嫌なことはやっぱりあって、まだまだ画力も経験も足りないですが、「三嶋さんの描く絵が好きです」と 言っていただけたりすると、そんなことは吹っ飛ぶくらい幸せです。

そしてそんなことを思えたり、そんな幸せがいまあるのは、みつきさんの歌のおかげです。

…なんだか、長くなりすぎたので今回はこのあたりできろうかと思います。

こんな真面目なこと書くのは最初で最後だろうなあ…(;´∀`) なんせ恥ずかしい。

私の昔話はマジでどうでもいいので、みなさんも一度素敵な歌声に触れてみてくださいませ!

さて、また仕事頑張ります!

最後まで読んでくださった方、もしいらっしゃったらありがとうございました!

ではでは次こそお仕事情報更新です。

8 Comments »

  • わたらぴ said:

    くろねさんは初めから絵の道を目指されていたわけではなかったんですね…
    いくつかの偶然とたくさんの努力があって今の道を進まれてる、と
    考えてみれば当然なのですが、改めてくろねさんを始め皆さんのすごさがわかった気がします

    みつきさんの歌は俺も好きです! monochromeも何度聞いたか…綺麗な歌声ですよね
    あ、もちろんくろねさんの絵も大好きです!
    これからもお仕事がんばってくださいねっ!

  • 炎髪 said:

    コメントしてもいいものか悩みましたがしてしまいました。
    自分の中ではけっこう前からくろねさんのことを知っていましたが多大な苦労があったんですね(^^;
    昔話を読んで夢を追いかけて努力することは無駄ではないと思いました。
    憧れのひとがいて、それに向けて、自分の夢に向けて・・・昔話を読んでいると泣きそうになりました←
    少し遠いのでコミケに毎回行くと言うのは無理かもしれませんが微力ながらでも応援したいと思ってます!
    頑張ってください、くろねさん!

    駄文すいませんでした(-_-;)

  • ハセヲ said:

    久しぶりのコメントです。
    コミケお疲れ様でした!!ちゃんと買いました!!会場限定のブランケットとマグカップは買えませんでしたけど・・・www
    それと、はたらく魔王さま!ハイスクール!一巻発売おめでとうございます!!
    ちーちゃんが可愛すぎて2828が止まりません!!

    このサイトをみてコメントを残していく方(見るだけの方もいるでしょうが)みんなくろねさんの絵が好きだと思います。これからも応援しています。頑張ってください!!

    あと、このコメントの方法って変わりましたか?ほかの人のコメントもみれないようですし。
    コメント方法間違っていたらすみません

  • WAREahodori said:

    ( ;∀;) イイハナシダナー

    自分は三嶋さんの描く絵が好きです!

    そろそろ2月17日。シエルの誕生日なので、盛大に祝いたいと思います。

    お仕事頑張ってください!!

  • ゆーま said:

    いくつもの苦労や努力があるからこそ今のくろねさんがあるという事なんですね。
    自分も絵を描く仕事を目指している身ですが
    くろねさんの事を知ると自分もまだ経験も努力も全然足りて無いものだと感じました!
    自分も絵の練習をもっとやって実力を上げる努力をしていきたいと思います!

    最後に、遅れですがシエルの誕生日おめでとうです!
    シエルに限らずアンセルもティオも、くろねさんの描く絵は大好きです!
    これからもお仕事頑張ってくださいね!(>w<)/

    長文失礼しました!

  • 瀬ヶ樹けいと said:

    私も絵描きを目指して頑張ってます。
    辛いことや苦しいこともありますがくろねさんの支えがみつきさんの歌だったように私もくろねさんの
    絵を支えに頑張りたいです!

  • mickey.036 said:

    コメント読みました!

    感動しました!!

    私も夢に向かって頑張ろうと思います!!!

  • とある街の町長 said:

    邪魔してはいけないからあまり干渉するまいと迷ったがコメントを書かせてもらおう。恐らく最初で最後のコメントだ。
    君はこの名前と口調で私のことがわかるだろうか。
    あの時君がそんな覚悟であの場にいたなんて、私は全く気が付かなかった。君はいつも私と違って自分を信じて夢を追っていたから。
    思えばあの時を境に君が遠く感じたのは、私の知らない所で君の目標が出来ていたからなのだな。
    私にはいずれ君が成功することも解っていた。そしてまだこんな所で終わらないことも。
    一度君と道を違えた私が今もまだ未練たらしく君と同じ夢を見続けているのは、君が頑張る姿を見て「自分を信じる者が夢を叶えられる」のだと学んだからだ。
    長くなったが、これで最後だ。
    昔君が描いてくれたロムの絵は私の宝だよ。いつも私の支えになっている。私はいつかまた君と同じ場所に立ちたい。だからこれからも自分の夢を信じて描き続けてくれ。君が活躍していく限り、君は私の目標なのだから。

CAPTCHA